私が勤めている会社のHP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2016年11月 9日 (水)

日本の隣国は大変!

日本から見て、
東にあるアメリカ合衆国。

西にある大韓民国。

どちらの国の大統領は、大変なことになっている。

ちなみに、日本の内閣総理大臣はどうなんだろう?

2016年9月13日 (火)

なぜやらない?

富山県富山市市議の政務活動費

東京都の豊洲新市場での盛り土問題

なぜ、情報を公開しないのか?

情報を公開したら、もっと凄いことになるから(めちゃくちゃになるから)だろう。

他の都市も同じようなこと、いやこれら以上のことが。国も同じような事象があるだろう。

日本の実態はこんなもんだ!!!

2016年7月26日 (火)

誰になるのかなぁ?

私は横浜市民なので、直接関わる事は出来ませんが、東京都知事選挙が気になります。

日本の首都は東京です。その代表であり首長です。

7月31日(日曜日)が投開票日です。

2016年7月 5日 (火)

期日前投票に行ってきました

160705

今日(7月5日)、仕事帰りに参議院選挙の期日前投票に行ってきました。私が行ったときは、投票所には私を含めて6名が居ました。

10日の投開票日が楽しみです。

投票権のある皆様、期日前投票でもいいですし、10日当日でもいいので、是非投票を!

2016年6月23日 (木)

第24回参議院選挙

昨日(6月22日)、第24回参議院選挙が公示されました。7月10日が投票日です。

選挙権が18歳になってから初めての国政選挙。

今回の選挙もいろいろと争点があります。

  • 経済
  • 社会保障
  • 少子高齢化対策
  • 憲法改正
  • 安全保障・外交
  • 消費税値上げ延期
  • 原子力問題
  • 地方自治
  • 行財政改革

等々。

今の日本の課題は山積です。全てを一発で解決できることはありません。しかし、皆様の生活で感じた不安などを解決してくれそうな政党や候補者をよく見る事が必要でしょう。

野党。特に共産党が歩み寄り、野党共闘という選挙戦でもあります。

「たかが1票 されど1票」

今日(6月23日)から期日前投票も始まりました。

投票権のある皆様、是非投票へsign03

2015年4月 8日 (水)

期日前投票

150408

4月12日(日曜日)は、全国統一地方選挙の投開票日です。しかし、当日は仕事なので、今日期日前投票に行ってきました。

私は横浜に住んでいるので、

  • 神奈川県知事選挙
  • 神奈川県議会議員選挙
  • 横浜市議会議員選挙

の3つとなりますので、投票用紙も3枚でした。

雨の中ですが、期日前に投票に来ていた人は、結構いました。

投票権がある皆様 是非とも投票に参加をお願いします

2014年12月17日 (水)

予想通り

12月14日、衆議院選挙の党開票日でしたが、結果は各マスコミの予想通りの結果となりました。

私が投票した小選挙区の立候補者は当選できませんでした。

今回は、戦後最低の投票率。52.66%

有権者の2人に1人の割合での投票。私自身、今回のこの投票率の低さ。結果は信任されたとは到底思いません。

もっと、投票率が上がるような政策等を考えないといけないのではないでしょうか?

2014年12月13日 (土)

明日は投開票日

明日 12月14日は衆議院選挙の投開票日です。

私は既に、今週の水曜日(12月10日)に期日前投票をしてきました(記事はこちら)。

投票権のある皆様、是非とも1票を投じて下さい。投票権という権利があるのですから、その権利を有効に使って下さい。

『たかが1票 されど1票』

です。

皆様、よろしくお願い申し上げます。

2014年12月10日 (水)

期日前投票

141210

今日(12月10日)、期日前投票に行ってきました。

投開票日当日の14日は仕事なので、今日投票しました。思ったよりも、期日前投票をする人が多かったです。

皆様、是非とも投票行動を!

2014年12月 3日 (水)

選挙戦スタート!

昨日、12月2日は衆議院選挙の公示日でした。

これから14日までの投開票日に向けて、選挙戦がスタートしました。

投票権のある皆様、14日の投開票日当日に行けなくても期日前投票という制度があります。せっかく、投票という権利があるので是非ともその権利を執行して下さい。

この選挙で、日本の将来の方向が決まります。衆議院の任期は最大4年間です。その4年間を今回、立候補している人たちで、なおかつ当選した人に我々の将来を委ねることとなります。

投票に行かないということは、当選した人たちに白紙委任状を渡したことと同じような意味を持つと私は思っています。

是非とも、皆様投票行動をして頂ければと存じます。

より以前の記事一覧