2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポーツ

2024年3月28日 (木)

パ・リーグの予想

今日は、パ・リーグの順位予想をしてみます。

  1. オリックスバファローズ
  2. 福岡ソフトバンクホークス
  3. 千葉ロッテマリーンズ
  4. 埼玉西武ライオンズ
  5. 北海道日本ハムファイターズ
  6. 東北楽天ゴールデンイーグルス

オリックス・ソフトバンクの2強と他4チームという感じです。

1位はオリックス。山本投手は大リーグへ行きましたが、その穴を埋めるような選手が出てきそうな感じがするほど選手層が厚いです。また、広島からFAの西川選手が加入したことにより、打線も厚みが増したと思います。2位のソフトバンクは、山川選手が西武から移籍してきたことは大きいと思いますし、このチームも選手層が厚いので新戦力が出てくることが大いに期待できます。

3位のロッテは、佐々木投手が1年間を通じて活躍できることが前提となります。また、ソト選手が加入したことにより、ホームラン数は多くなるかなぁと思います。4位の西武は投手陣は揃っている印象です。野手陣も昨年の経験が生きると思います。投手陣が好調ならばAクラスもあり得ます。

5位の日本ハムは新庄監督3年目。段々と戦力は揃ってきたし、若手が多いので勢いに乗れば台風の目になりそうです。6位の楽天は、岸・田中両ベテラン投手に頼っている状況はあまりよくないです。抑えだった松井投手が大リーグに移籍したことは大きい穴です。チームの変革の時期なので、今年の楽天は我慢の1年になりそうです。

 

2024年3月27日 (水)

セ・リーグの順位予想

今年(2024年)も、プロ野球の順位予想をしてみたいと思います。

今日は、セ・リーグ。

  1. 阪神タイガース
  2. 広島東洋カープ
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 横浜DeNAベイスターズ
  5. 中日ドラゴンズ
  6. 東京ヤクルトスワローズ

まず、昨年優勝(日本一)の阪神タイガーズは今年も優勝候補ナンバーワンです。戦力的には昨年と変わりませんが、成長途中の選手が多いし、岡田監督の采配がいいと思います。2位の広島は投手陣はしっかりしていますが、打撃陣は少し不安があります。また、新井監督として2年目ですが、昨年のような采配が出来るか不安なので、3位のジャイアンツと順位が入れ替わる可能性はあります。

3位のジャイアンツは、阿部新監督。そして、中田・中島の両ベテラン選手が退団したので、若手はチャンスです。投手陣は中継ぎ・抑えは少し不安がありますが、捕手出身の監督の手腕を期待したいです。4位はDeNAですが、今永・バウアーの両投手とソト選手の移籍の穴は大きいです。野手陣はまずまずです。しかし、全体的には戦力ダウンなので、4位に予想はしましたが5位と入れ替わる可能性はあります。

5位の中日はベテランの中田選手の加入で打撃陣は少し層が厚くなった感じですが、投手陣は不安要素が多いです。6位のヤクルトは開幕前から故障選手が多いです。村上選手は昨年よりは活躍しますが、村上選手だけではチームを浮上させることは出来ないでしょう。

2024年1月 3日 (水)

第100回箱根駅伝

1月2・3日、恒例の第100回箱根駅伝が開催されました。

100回という記念大会だったので、予選会は全国の大学が出場し、昨年のシード権の10校を含む23校が出場しました。

我が母校も予選会を通過し本戦に出場しましたが、今年もシード権を獲得出来ませんでした。

今大会総合優勝した青山学院は総合タイムが新記録となりましたが、このチームに追いつくのは大変だと思いますが、

来年も本戦に出場できることを願っています。

2023年11月 5日 (日)

日本一おめでとう

阪神タイガース 38年ぶりの日本一おめでとうございます。

今年の阪神の勢いは凄かったです。

日本シリーズは、オリックスもいい試合をして頂き、見ごたえのある7試合でした。

改めて、

阪神タイガースの選手、コーチ、監督、裏方さん、フロントの皆様、ファンの皆様、関係者の皆様 日本一おめでとうございます

2023年10月27日 (金)

どっちだろう?

明日から、日本シリーズが始まります。

セ・リーグは、18年ぶり優勝の阪神。

パ・リーグは、リーグ優勝3連覇で、昨年の日本一のオリックス。

59年ぶりの関西対決と言われています。

両チームとも、投手陣がしっかしたチームという印象です。どちらが勝つのでしょうか?

レギュラーシーズンとしては、阪神の方が幾分勢いがあったような気がしますので、それを参考に、

4勝2敗1分で、阪神日本一

と私は予想します。

2023年10月14日 (土)

出場決定!

今日(10月14日)、来年の1月2・3日に行われる箱根駅伝の予選会が行われました。

母校の大学が、久しぶりに予選会を通過し、本戦に出場することとなりました。

来年の1月2・3日のテレビ観戦が楽しみです。

2023年9月20日 (水)

パ・リーグはオリックス

パ・リーグの優勝チームが決まりました。

オリックスバッファローズが3連覇しました。

今年は、吉田選手がアメリカ大リーグに移籍した穴が大きいと思いましたが、チーム全体での優勝。

オリックスバファローズの選手、コーチ、監督、フロント、裏方、ファン、関係者の皆様、優勝おめでとうございます

 

2023年9月14日 (木)

アレ!

プロ野球の阪神タイガースの今年のスローガンは、〈アレ〉でした。

そして、今日、宣言通り〈アレ〉しました。

岡田氏、再びの阪神監督に就任した1年目での〈アレ〉

昨シーズンも3位と戦力としては十分だったのですが、岡田監督の手腕が素晴らしかったということだと思います。

阪神タイガースの選手、コーチ、監督、フロント、裏方の皆さん、そしてのファンの皆様、

18年ぶりの〈アレ=優勝〉おめでとうございます

2023年7月 8日 (土)

夏が終わった

今日のタイトル、

《夏が終わった》

季節はまだ梅雨も明けていませんので、夏は始まっていません。

今日は季節ではなく、夏の甲子園の神奈川県予選が今日から始まりましたが、我が母校は初戦で負けてしまい、今年の夏の甲子園出場の夢が破れました。

最近、当ブログにコメントを頂いている”ひでたけ”さんの知人の息子さんが我が母校に入学し、野球部に入部したそうです。

来年の春の選抜出場に向けて、努力してほしいです。

 

2023年3月29日 (水)

セ・リーグ予想

今日はセ・リーグの順位予想をしてみたいと思います。

  1. 東京ヤクルトスワローズ
  2. 阪神タイガース
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 横浜DeNAベイスターズ
  5. 中日ドラゴンズ
  6. 広島東洋カープ

3年連続優勝を目指すヤクルト。若手・中堅・ベテランとバランスはとれていると思います。村上選手は昨年の3冠王とまではいかないと思いますが、活躍はするでしょう。2位の阪神は、岡田監督の復帰。投手陣は素晴らしいので大山、佐藤以外の選手がもっと活躍すれば優勝もあり得ますが、経験でヤクルトが逃げ切れです。

3位のジャイアンツ、若手投手陣は期待できます。しかし、野手陣はベテランが多いので、そのベテラン陣を脅かす、あるいはレギュラーととれるようでしたら、もっと上位に行きそうです。4位の横浜、毎年先発陣の故障があります。あの先発陣が揃っていれば、とっくに優勝していたのですが。今年も、先発陣は揃わない感じがします。打線はいいのに。

5位の中日、もっと若手が活躍しないと。特に打撃陣。6位の広島は、投手陣の奮起。5位・6位は入れ替わる可能性があります。両チームとはそんなに差はないと思います。両チームとも若手の底上げが課題です。

より以前の記事一覧