私が勤めている会社のHP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポーツ

2017年11月18日 (土)

圧巻! 今永投手

今、日本で「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が開催されています。出場チームは日本・韓国・台湾のプロ編成チーム。

出場選手の条件は、24歳以下か入団3年以内の選手。また、オーバーエージとして2名の出場が認められいます。3チームの総当りで、その予選1位と2位が決勝戦が行われます。

日本は、第1戦は韓国に勝利し、今日は台湾と戦い結果は勝ちました。そのため、明日は再び韓国と優勝を掛けて戦います。

ところで、今日の先発今永投手。我が横浜DeNAベイスターズ所属です。6回を投げて、無失点。12奪三振。圧巻でした。

明日も勝てますように!

2017年11月 8日 (水)

ソフトバンクが日本一

今年のプロ野球の日本一は福岡ソフトバンクホークスに決まりました。

日本シリーズは、我が横浜DeNAベイスターズとの戦いでしたが、4勝2敗でソフトバンクの勝利でした。

ソフトバンクは、シーズンや日本シリーズも圧倒的な強さでしたね。選手層が厚いので、主力選手が怪我などで離脱してもそれをカバーできる選手がいたということは羨ましい限りです。

ソフトバンクの選手・コーチ・監督・裏方・フロント・ファン・関係者の皆様 日本一おめでとうございます

ちなみに、久しぶりに当ブログを書いていますが、風邪でダウンしてしまいまして書くことが出来ませんでした。風邪はほぼ治りましたので、また書いていきますので何卒、よろしくお願い申し上げます。

2017年10月18日 (水)

下克上か!?

セ・パ両リーグは、クライマックスシリーズの第一ステージが終了しました。

  • セ・リーグは、2位の阪神と3位の横浜との戦い。
  • パ・リーグは、2位の西武と3位の楽天との戦い。

何とsign01 セ・パ共にレギュラーシーズン3位だった横浜と楽天が2勝1敗でファイナルステージへ進みます。

今日からファイナルステージですが、

  • セ・リーグは、広島と横浜の戦い。
  • パ・リーグは、ソフトバンクと楽天の戦い。

リーグ優勝した広島とソフトバングは1勝のアドバンテージがあります。4勝したほうが日本シリーズの出場権を得られます。

私の予想は、広島とソフトバンクが勝ち、日本シリーズで戦うことになるでしょう。

ガンバレ! ガンバレ!! 横浜DeNAベイスターズ!!!

2017年10月13日 (金)

クライマックスシリーズ

明日(10月14日)から、日本のプロ野球はクライマックスシリーズが開催されます。

レギュラーシーズンの2位と3位が戦い、その勝者が1位と戦い日本シリーズの出場権を争います。

セ・リーグは、2位の阪神と3位の横浜の戦い。

パ・リーグは、2位の西武と3位の楽天の戦い。

セ・リーグは、シーズン終盤の勢いが残っていれば、もしかすると横浜が勝かもしれない。

パ・リーグは、西武は菊地投手。楽天は則本投手。両チームともエースピッチャーの投げ合いです。今日勝ったチームがソフトバンクと戦うでしょう。多分、楽天の勝ちかな。

ガンバレ! ガンバレ!! 横浜DeNAベイスターズ!!!

2017年9月18日 (月)

セ・リーグは広島

今日(9月18日)、セ・リーグの優勝が広島東洋カープに決まりました。セ・リーグ連覇です。

ほぼ、生え抜き選手での戦い。スカウトから2軍での教育。そして、1軍での活躍。チーム長期の戦力分析と戦力補強。そして、1軍・2軍のコーチ陣のレベル高い指導。

素晴らしいチームです。

広島東洋カープの監督、コーチ、選手、裏方、フロント、ファンや関係者の皆様、優勝おめでとうございます

2017年9月17日 (日)

パ・リーグはソフトバンク

昨日(9月16日)、福岡ソフトバンクホークスが優勝しました。

圧倒的な強さでしたね。選手層が厚い。

福岡ソフトバンクホークスの選手、コーチ、監督、裏方の皆様、ファンの皆様 優勝おめでとうございます

2017年8月 9日 (水)

夏といえば!

夏といえば高校野球!

我が母校は今年も甲子園出場は出来ませんでしたが、神奈川県代表の横浜高校を応援したいと思います。

丁度、夏休みにもなりますし(11日~16日)、テレビで観ることが多くなると思います。

2017年3月30日 (木)

セ・リーグ順位予想

今日は、セ・リーグの順位予想です。

  1. 読売ジャイアンツ
  2. 広島東洋カープ
  3. 阪神タイガース
  4. 横浜DeNAベイスターズ
  5. 東京ヤクルトスワローズ
  6. 中日ドラゴンズ

優勝は、巨人。WBCで大活躍した小林捕手。WBCの経験がレギュラーシーズンにも好影響と与えるでしょう。やはり、捕手のリードは大切です。そして、相変わらずの大補強。腹が立ちますが、優勝でしょう。2位の広島は黒田投手の引退が精神的に影響はするでしょうが、チーム力は安定していると思います。

3位の阪神は、オリックスから糸井選手の加入。打線の戦力はアップしましたが、もっと若手の選手が活躍しないとBクラスに転落する可能性もあります。4位の我が横浜は11勝した山口投手の移籍は戦力ダウンとなります。その穴を埋める投手は出てくるのでしょうか。選手は若手が多いので、昨年活躍した選手は今年は活躍できるのかも不安です。

5位のヤクルトは、毎年レギュラー陣がケガで離脱してしまいますので、順位が低迷しています。3年連続のトリプルスリーを狙う山田選手の活躍が鍵だと思います。最下位は、監督交代があった中日。特に大きな戦力補強もしていないので、なかなか順位を上げるのは難しいかもしれません。森監督の手腕に期待するしかありません。

2017年3月29日 (水)

パ・リーグの順位予想

さて、今年も3月31日にプロ野球のレギュラーシーズンが開幕します。なので、私の勝手な順位予想をパ・リーグから始めます。

  1. 福岡ソフトバンクホークス
  2. 北海道日本ハムファイターズ
  3. 千葉ロッテマリーンズ
  4. 埼玉西武ライオンズ
  5. 東北楽天ゴールデンイーグルス
  6. オリックスバァファローズ

まず、ソフトバンクは昨年の雪辱として望んでくるでしょうし、相変わらす選手層が厚いチームです。そして、松阪投手も調子が良さそうなので先発投手の谷間に先発して7・8勝出来れば優勝できるでしょう。日本ハムは今年も大谷選手の活躍次第と思いますが、投手として不安ですので、現時点では優勝は難しいかなと。

3位のロッテは段々と戦力が揃ってきていますので、監督の手腕で今年も3位にはなれるのかなぁと。4位の西武は先発投手である岸投手がFA権により楽天に移籍しましたので、戦力ダウンとはなりそうですが、新監督の辻氏の手腕を期待したいです。

5位の楽天は西武から岸投手の加入により先発の柱が1本出来たことは良いですが、相変わらず打線はあまり期待できないですので、5位と予想しました。最下位は、3割を打った糸井選手がFA権で阪神に移籍した穴は大きいと思います。補強もあまりしていないので、今年も最下位のような感じがします。

2017年3月27日 (月)

オープン戦終わってた・・・

プロ野球のオープン戦が昨日(3月26日)で全日程が終了しました。

WBC、大相撲、選抜高校野球など目白押しで、すっかりオープン戦をほとんどチェックしていませんでした。

我が横浜DeNAベイスターズは、5勝11敗1分で9位(12球団中)。打線はまずまずでしたが、投手陣が不安です。

レギュラーシーズンは、3月31日(金曜日)に開幕です。

まずは、開幕ダッシュ!

ガンバレ! ガンバレ!! 横浜DeNAベイスターズ!!!

より以前の記事一覧