私が勤めている会社のHP

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポーツ

2020年11月26日 (木)

ソフトバンクが日本一

昨日(11月25日)、日本シリーズ第4戦が行われ、ソフトバンクが勝利し日本一となりました。

2年連続、4勝0敗での日本一は史上初。

パ・リーグで、4年連続日本一も史上初。

4年連続で日本一になったのは、あの巨人のV9時代(1965年~1973年)以来だそうです。

ソフトバンクは、とにかく強いという印象です。

福岡ソフトバンクホークスの選手、コーチ、監督、裏方様、フロントの皆様、ファンの皆様、関係者の皆様、日本一おめでとうございます

2020年11月24日 (火)

巨人 弱い!

プロ野球の日本シリーズ。

今日(11月24日)で3戦目が終わりましたが、巨人の3連敗。

言い方を変えれば、ソフトバンクの3連勝。

巨人が弱いというよりも、ソフトバンクが強い。

昨年の日本シリーズも、同じソフトバンクと巨人。結果は、ソフトバンクの4連勝で日本一。

私の予想では、”4勝2敗でソフトバンクの日本一”としましたが、巨人は勝てるのか?

2020年11月17日 (火)

日本シリーズ

11月21日(土曜日)から、プロ野球の日本シリーズが始まります。

今年は、巨人対ソフトバンク。

東京ドームではなく、大阪ドームと福岡ドームとなります。巨人の本拠地である東京ドームで試合が出来ないことと、日本シリーズでの試合経験が豊富なソフトバンク。

4勝2敗でソフトバンクが勝つと、私は予想します。

2020年11月14日 (土)

クライマックスシリーズ

パ・リーグは、今日(11月14日)からクライマックシリーズが開催されます。

例年は、2位と3位が戦い、その勝者が1位と戦うこととなっていましたが、今年は1位と2位の戦い。

さらに、1位には1勝のアドバンテージと4勝先取となります。

ソフトバンク(1勝)とロッテ。

ソフトバンクは、レギュラーシーズンを圧倒した感じですが、ロッテは西武と最後まで2位争いをしての勝ち上がり。勢いはロッテだと思いますが、やはり選手層と今までの経験からソフトバンクが勝ち、日本シリーズに進むと思います。

因みに、セ・リーグはクライマックスシリーズはありませんので、巨人が日本シリーズ出場は決まっています。

2020年10月31日 (土)

ジャイアンツ優勝

昨日(10月30日)、ジャイアンツが2年連続、セ・リーグで優勝しました。

今年は、セ・リーグはクライマックスシリーズがありませんので、このまま日本シリーズに出場ということになります。

読売ジャイアンツの選手、コーチ、監督、フロント、ファン、関係者の皆様 優勝おめでとうございます

2020年10月28日 (水)

ソフトバンク優勝

昨日(10月27日)、ソフトバンクが勝利し、3年ぶりにパ・リーグで優勝しました。

しかし、パ・リーグは1位と2位のクライマックスシリーズがありますので、日本シリーズには出場できるかはわかりませんが、

福岡ソフトバンクホークスの選手、コーチ、監督、フロント、ファン、関係者の皆様 優勝おめでとうございます

2020年6月18日 (木)

パ・リーグの順位予想

さて、今日はパ・リーグの予想をします。

  1. ソフトバンク
  2. 東北楽天
  3. 埼玉西武
  4. 千葉ロッテ
  5. オリックス
  6. 北海道日本ハム

1位のソフトバンクは、何といっても選手層の厚さ。経験豊富な選手が揃っていますので、主力選手にけが人が続出しない限りは優勝候補の一番手です。2位の楽天は、エースの則本投手は開幕から活躍できそうですし、涌井投手の加入。抑えの松井投手が先発に回ることで、本人がどれだけ活躍できるか、抑えを誰にするか不安ですが、ベテラン・中堅・若手と選手層はバランスが取れている感じです。

3位の西武は何といってもあの打線の破壊力。しかし、投手陣が不安です。どれだけ打線が爆発するかです。4位のロッテは、楽天から美馬投手の加入がプラスになると思います。派手さはないですが、堅実な試合をしそうです。

5位のオリックスは、外国人頼みのところがありますが、若手投手陣が着実に力を付けているので、台風の目になるかもしれません。最下位の日本ハムは、そろそろ清宮選手が覚醒してくれないと辛いです。また、選手層も少し薄い感じがします。

2020年6月17日 (水)

セ・リーグの順位予想

今年は、6月19日にプロ野球の開幕となります。

今年は、新型コロンウイルスの影響で試合数が少なくなりますし、連戦が多くなります。また、延長も10回までとなりますので、昨年と違った戦い方をしなければならないと思います。

今日は、セ・リーグの順位予想致します。

  1. 巨人
  2. 横浜DeNA
  3. 阪神
  4. 広島
  5. 中日
  6. ヤクルト

1位の巨人は、山口投手は抜けましたが、選手層が厚いのである程度は大丈夫でしょう。打線もまずまず。2位の横浜は、投手陣は充実しています。筒香選手の抜けた穴は大きいですが、新外国人のオースティン選手と筒香選手の後継と言われている佐野選手の活躍がカギを握るでしょう。

3位の阪神も投手陣は期待できます。ただ、打線が不安ですが新外国人の活躍次第だと思います。4位の広島は、監督が佐々岡氏になりました。打線は鈴木選手を中心として、まずまずの計算は出来ますが、投手陣が不安です。投手出身の新監督の手腕に期待です。

5位の中日は投打ともに上位のチームに比べると不安です。若返りしましたので、その若手の選手たちがどれだけ活躍できるかです。最下位のヤクルトは、バレンティン選手が抜けた穴は大きいです。村上選手もまだ不安ですし、選手層はほかのチームと比べると少し薄い感じがします。

2020年5月30日 (土)

6月19日開幕

日本のプロ野球は、6月19日(金曜日)に開幕することに決まりました。

今年は、セ・パ交流戦、オールスターゲームはなしで、120試合のレギュラーシーズンとなります。

まずは、無観客試合で行うそうです。

 

2020年3月25日 (水)

やっぱり延期かぁ

東京オリンピックが延期となりました。

現在の世界状況からするとやむを得ないことではありますが、果たして来年には新型コロナウイルスが収束しているのだろうか?

より以前の記事一覧