私が勤めている会社のHP

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポーツ

2019年7月22日 (月)

母校負けた

高校野球の神奈川県大会で、我が母校が負けてしまいました。

今年も夏の甲子園出場の願いは叶いませんでした。

母校の選手・監督・コーチ、関係者の皆様 お疲れ様でした。

来年春の選抜を目指して頑張って下さい。

2019年3月28日 (木)

パ・リーグの順位予想

今日は、パ・リーグの順位予想をしてみたいと思います。

  1. 福岡ソフトバングホークス
  2. 北海道日本ハムファイターズ
  3. 埼玉西武ライオンズ
  4. オリックスブレーブス
  5. 東北楽天ゴールデンイーグルス
  6. 千葉ロッテマリーンズ

優勝予想のソフトバンク。大型補強はないですが、選手層は厚いです。しかし、野手陣はベテランが多くなってきたので、世代交代が出来れば、磐石。日本ハムは、オリックスから金子投手が移籍してきましたが、年齢(36歳)的には1年間を通じて活躍できるかは不安ですが、栗山監督の手腕で優勝争いは出来るかなぁと思います。

3位の西武は、投手の菊池投手がアメリカ大リーグへ。浅村選手は楽天へと投打の主力が抜けたのは大きいと思いますが、このチームも選手層が厚いのと、あの破壊力ある打線があるので、Aクラスには入るでしょう。4位のオリックスは、金子・西両投手が抜けたのは大きいです。新監督の西村氏は、ロッテの監督時代、シーズン3位から日本一になるという、”下克上”を成し遂げた監督なので、手腕は期待できます。

5位の楽天は、則本投手の離脱は厳しいですが、西武から浅村選手が加入してきましたので、打線は少し厚みが出てきた感じです。しかし、投手・野手とも柱になる選手がいませんので、ヒーローが出てくれば、順位は上がるかも。最下位予想の、ロッテは新人に期待をしなければならない状況です。なので、未知数なので最下位予想としました。

2019年3月27日 (水)

2019年プロ野球予想

3月29日(金曜日)から、2019年プロ野球のレギュラーシーズンが始まります。
さて、今日はセ・リーグの予想をしてみたいと思います。



  1. 読売ジャイアンツ

  2. 広島東洋カープ

  3. 東京ヤクルトスワローズ

  4. 横浜DeNAベイスターズ

  5. 阪神タイガース

  6. 中日ドラゴンズ


優勝予想の巨人は、広島から丸選手、西武から炭谷捕手がFA権行使による大型補強。そして、3度目の原氏の監督復帰。打線はまずまずかなぁと思いますが、投手陣は不安。どうしても優勝しなければならないということでのフロントの動き。2位の広島は、丸選手の抜けた穴は大きいですが、選手層が厚いので善戦はするでしょう。


3位のヤクルトは、山田・青木・バレンティンの中心打者は健在です。しかし、相変わらず投手陣が不安なことと、故障者が多いチームですが、故障者が出なければ優勝もありえます。我が横浜DeNAは、打線はセ・リーグ一の破壊力だとも思いますが、相変わらず先発陣と捕手が不安です。ヒーローが出現するのこを願います。


5位の阪神は、矢野新監督。捕手出身ですし、野村元監督の下、現役時代過ごしていた実績もありますし、二軍監督で日本一にもなりました。また、オリックスから西投手が移籍しましたので、投手陣が期待できます。最下位の中日は、与田新監督。トレードやFA権での選手獲得はしていませんので、新人と現有戦力の底上げがどこまで達成したか不安です。


明日は、パ・リーグを予想したいと思います。

2019年2月23日 (土)

オープン戦開幕!

今日(2月23日)から、日本のプロ野球はオープン戦が始まりました。

我が横浜DeNAベイスターズは、対中日戦に8対4で勝利しました。

オープン戦でもとにかく勝利しないと

ガンバレ! ガンバレ!! 横浜DeNAベイスターズ!!!

2019年1月17日 (木)

引退

大相撲の横綱 稀勢の里関が引退しました。久しぶりの日本人横綱。活躍を期待していましたが・・・

お疲れまでした

2019年1月 3日 (木)

箱根駅伝

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走が、例年通り1月2日(往路)、3日(復路)が行われました。

優勝校は東海大学。初優勝のようです。5連覇を目指した青山学院大学は地力をみせて2位になりました。

ちなみに、我が母校は今年もシード権(10位以内)を獲得できず、また予選会からとなりました。

2018年11月 4日 (日)

日本一はソフトバンク

昨日(11月3日)、日本シリーズ第6戦が行なわれ、ソフトバンクが広島に2対0で勝ち、4勝1敗1分で2年連続の日本一となりました。

1試合目は引分けだったので、混戦になるのかなぁと持ったら、4連勝での日本一。ソフトバンクには隙がなかった感じがしますし、内川選手はシーズン中はほとんどやらなかったであろう、送りバントをきっちりと決めたりしました。

福岡ソフトバンクホークスの選手、コーチ、監督、裏方の皆様、関係者、ファンの皆様 日本一おめでとうございます

2018年10月26日 (金)

日本シリーズ

明日(10月27日)から、プロ野球の日本シリーズが始まります。

セ・リーグは、優勝の広島。

パ・リーグは、2位のソフトバンク。

両チームともタイプが似ています。予想は難しいです。

ソフトバンクは、昨年も日本一になっていますが、広島は1984年に日本一になってから34年間、日本一がないです。

日本一の経験者が豊富なソフトバンクが有利な感じがします。また、ソフトバンクの主力打者の柳田選手や復帰した内川選手が好調です。

広島は、クライマックスシリーズは鈴木選手が不調でした。

私の予想では、4勝3敗で福岡ソフトバンクホークスの優勝とします。

2018年10月13日 (土)

予選会通過!

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝 来年1月2、3日)の予選会が今日の午前中に行なわれました。

我が母校は今年は予選会からの出場ですが、無事に予選会を通過し、来年の正月にはテレビに移ります。

ホッとしました

2018年10月12日 (金)

クライマックスシリーズ

明日(10月13日)から、日本のプロ野球はクライマックスシリーズが開催されます。

レギュラーシーズンの2位と3位が戦い、その勝者が1位と戦い日本シリーズの出場権を争います。

セ・リーグは、2位のヤクルトと3位の巨人の戦い。

パ・リーグは、2位のソフトバンクと3位の日本ハムの戦い。

セ・リーグは、巨人はやっと3位に滑り込んだ感じです。余力はないと思いますので、ヤクルトが勝つでしょう。

パ・リーグは、予想は難しいですが、順当に2位になったソフトバンクが勝つでしょう。

より以前の記事一覧