私が勤めている会社のHP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« パ・リーグの順位予想 | トップページ | Fライナー »

2016年3月24日 (木)

セ・リーグの順位予想

今日は、セ・リーグの順位予想ですが、昨年と同様混戦になる感じです。6チームともずば抜けた戦力がありません。予想が難しいです。

  1. 阪神タイガース
  2. 東京ヤクルトスワローズ
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 中日ドラゴンズ
  5. 広島東洋カープ
  6. 横浜DeNAベイスターズ

1位の阪神。金本新監督でチーム内が活性化された感じです。投手陣は藤波投手が軸になると思います。打線もまずまず。2位のヤクルトは、バレンティン選手が完全復帰となると思います。山田・畠山。川端選手もいますので打線は期待できますが、投手陣では中継ぎ-抑えが確立されていません。そこが不安材料です。新しい勝利の方程式が確立されれば、優勝もありえます。

3位のジャイアンツは投手陣はまずまずですが、今年も打線は貧打ですね。シーズンオフでは大きな補強もしていないですし。選手から即監督になった高橋監督の技量が不安です。4位の中日は、山本・和田・谷繁などの超ベテラン選手の引退で、若手の活躍場が広がりましたが、特に捕手だった谷繁監督兼選手の穴を埋める選手がいません。そこが最大の不安材料だと思います。

5位の広島は、やはり前田投手の大リーグ移籍の穴が大きいです。野手は若手でいい選手もいますので、打線・守備・走塁で何とか勝つことが出来るかもしれません。6位は我が横浜DeNAベイスターズ。新監督のラミネス氏が未知数ですし、相変わらず捕手を固定できない状況です。投手陣は、新人・若手の活躍を期待するしかないです。打線は期待できるのは筒香・ロペス選手くらい。昨年とあまり戦力は変わっていませんので、今シーズンも苦しいと思います。

« パ・リーグの順位予想 | トップページ | Fライナー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/63384004

この記事へのトラックバック一覧です: セ・リーグの順位予想:

« パ・リーグの順位予想 | トップページ | Fライナー »