私が勤めている会社のHP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっと快速らしくなりました | トップページ | パ・リーグの順位予想 »

2014年3月26日 (水)

2014年 セ・リーグ順位予想

さて、今年も3月28日(金曜日)からプロ野球の公式戦が始まります。

またまた、私の勝手な順位予想をします。今日は、セ・リーグです。

  1. 読売ジュイアンツ
  2.  

  3. 広島東洋カープ
  4.  

  5. 横浜DeNAベイスターズ
  6.  

  7. 阪神タイガース
  8.  

  9. 中日ドラゴンズ
  10.  

  11. 東京ヤクルトスワローズ

まず、1位の巨人は順当でしょう。不安だった二塁手を守れる片岡選手と井端選手の獲得。先発投手陣は少し不安がありますが、強力打線と磐石な勝ちパターンがある抑え投手陣。主力選手に複数の大きな怪我などによる離脱がなかれば1位でしょう。2位の広島は、戦力は整いだしています。昨年の3位での結果。初のクライマックスシリーズに出場した嬉しさと同時に勝てなかった悔しさがモチベーションにプラスになるでしょう。

3位のベイスターズは、思いっきりの期待値です。先発投手陣、昨年までは2,3人しか数えることが出来ませんでした(個々のレベルは別にして)。今年は、先発陣を数えることが出来ます(個々のレベルは別にして)。投手陣は競争が激しくなりそうなので、それがプラスになると思います。野手陣も若手が伸びてきていますので、若手の奮起を期待して3位にしました。4位の阪神は、チーム全体がベテランが多くなり、若手が伸び悩んでいる感じがします。2年目の藤浪投手が、「2年目のジンクス」にならないような活躍が出来れば、3位もあり。

5位の中日は、昨年までの髙木監督がチーム内をめちゃくちゃにした感じがします。今年から選手兼任監督となった谷繁氏の手腕が気になります。中日も阪神も、レギュラー陣がベテランなので若手の奮起を期待します。6位のヤクルトは、チームの精神的な支えであった宮本選手の引退。チームをまとめる選手がいないと思います。また、故障している選手が多く、それらの選手に代わる若手もあまりいません。

これが、私のセ・リーグの順位予想です。

パ・リーグの順位予想は明日、書きます。

« やっと快速らしくなりました | トップページ | パ・リーグの順位予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/59358367

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年 セ・リーグ順位予想:

« やっと快速らしくなりました | トップページ | パ・リーグの順位予想 »