私が勤めている会社のHP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« パ・リーグの予想 | トップページ | 開幕戦 勝利! »

2013年3月28日 (木)

セ・リーグの予想

さて、昨日に続いて今日はセ・リーグの順位予想編です。

  1. 読売巨人軍
  2. 東京ヤクルトスワローズ
  3. 阪神タイガーズ
  4. 中日ドラゴンズ
  5. 横浜DeNAベイスターズ
  6. 広島東洋カープ

昨年は巨人の独走でしたが、今年はもう少し混戦になると思いますが、1位の巨人は変わらないと思います。阿部選手は、WBCでもひざの具合が良くないという状況がありましたので、昨年の程の活躍は難しいと思います。しかし、選手層は12球団一だと思いますので、主力選手の複数人が出場できない状況にならなければ安泰でしょう。2位のヤクルトは、ほぼ昨シーズンと同じメンバーですが試合巧者でありますし、石川・館山・村中投手がまずまずの仕上がりだと思います。岩村選手が古巣に復帰しましたので、岩村選手の奮起に期待します。

3位の阪神は、抑えの藤川投手が抜けたのは痛手でしょう。また、金本・城島選手が引退しましたが、大リーグから戻ってきた福留・西岡領選手を始め、競争する意識が選手たちにあればAクラスに入ることは出来ると思います。4位の中日は、主力の外国人選手が横浜へ移籍してしまったのは、痛手でしょう。また、抑え投手の岩瀬選手や、山本・山崎・谷繁選手の年齢では1年を通しての活躍は難しいと思いますので、1日でも早く若手がこれらのベテランを追い越すような選手が出てくることを願っています。

我が横浜は5位です。中日からブランコ選手、ソーサ投手、ソト投手を獲得しましたので、少しはチーム力はアップしましたが、依然として若手投手陣は伸び悩んでいます。「打線は水物」と言われます。得点してもそれ以上に失点してしまえば負けますし、投手が0点に抑えても打線が得点できなければ、勝てません。やはりこのチームは投手陣です。しかし、打線に少し厚みが出来ましたので、昨年から順位をひとつ上げました。最下位は広島。広島もヤクルトのように大きなトレードはしませんでしたので、現有戦力での戦いです。しかし、若手を育てるのは定評があるチームなので、上手く成長すれば5位の横浜と入れ替わる可能性もあります。

これが、セ・リーグの予想ですが、これも私の勝手な予想です。予想が外れても、一切罰ゲームは受けません。

« パ・リーグの予想 | トップページ | 開幕戦 勝利! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/57037265

この記事へのトラックバック一覧です: セ・リーグの予想:

« パ・リーグの予想 | トップページ | 開幕戦 勝利! »