私が勤めている会社のHP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鈴木尚典選手、ご苦労様 | トップページ | 夏の名残 »

2008年10月21日 (火)

WBC監督

来年の3月に第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開催されます。日本チームの監督をまず選出するということですが、イチロー選手が「最強のチームを編成すると言う一方で、現役監督から選ぶのは難しいではということは、本気で最強のチームを作ろうとしているとは思えない。」というニュアンスの発言をしたそうです。

選手は、大リーグを含めて現役の選手です。監督も現役から選ぶというイチロー選手の意見に私も同感です。

選手は、怪我等が完治し1軍に出場する前に2軍で数試合慣らしてから1軍に上がるというニュースをよく聞きます。これは、選手達に試合勘を取り戻させる意味も含まれています。また、慣れさせる意味もあるでしょう。

選手と同じように、監督も試合勘は必要です。本戦に備えて練習試合を数試合しただけでは、監督自身の試合勘というのは蘇ってくるのでしょうか?

WBCは、予選は総当たり戦です。その後、決勝トーナメントという戦いをします。つまり、日本でいうと総当りはリーグ戦。決勝トーナメントはクライマックスシリーズを含めた日本シリーズに戦い方が似ていると思います。それらの戦いを制した日本一のチームの監督がWBCの監督になるのが自然だと思います。

さらに、現在千葉ロッテと広島は外国人の監督ですが、その方々が日本一になった場合は微妙です。選手は、選手本人の出身国のチームからの出場になりますので、監督の場合もそれに合わせた方がいいかもしれません。

そうすると、日本シリーズで負けたチームの監督が日本人だった時はその監督がなることや、日本一になっても翌年は監督を辞任して現場から離れるケースも出てくる可能性もあります。さまざまなケースに対応できるようなルールを作らないといけませが・・・

いろいろと書いてきましたが私なりの結論は、『日本一チームの現役の監督がWBCの監督に就任する』ということが一番いいと思います。

« 鈴木尚典選手、ご苦労様 | トップページ | 夏の名残 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/42858954

この記事へのトラックバック一覧です: WBC監督:

» 日本シリーズ [まいの日記]
日本シリーズ第五戦(完全試合リレーについて) 日本シリーズ第五戦(完全試合リレー... [続きを読む]

« 鈴木尚典選手、ご苦労様 | トップページ | 夏の名残 »