私が勤めている会社のHP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こんな本を読みました | トップページ | ネコを発見 »

2008年9月 6日 (土)

福田首相、辞任で思うこと

9月1日に福田首相が辞意を表明しました。自民党の相変わらずの茶番劇・ゴタゴタ劇。

昨年、同じように安倍首相(当時)の突然の辞任により、福田氏が総裁選挙で選ばれ首相になりました。その時、自民党内では大多数の人が福田氏に投票したはずです。それが、福田氏が首相になった途端、足をひっぱり首相の座から降ろそうとします。毎度のことです。

もともと、福田首相はサミットの議長を務めるまでと考えていたのでしょう。

さて、自民党で複数の人が立候補しそうです。これをマスコミは祭りのように騒ぎ立てています。一国の首相を選ぶことになりますので大げさに報道することはしょうがないと思いますが、与党ばかり報道しないで野党のことも与党と同等の時間を掛けて報道してほしい。私達は、テレビ・新聞などのマスコミで知ることが多いと思います。そのマスコミが偏った報道をしていけないと思います。報道は公正にしてほしい。

それにしても、国会議員の皆様は相変わらず近々行われるであろう衆議院選挙に対して、「○○氏は国民に人気があるから、選挙には有利だろう。その人を推薦、投票すれば当選できるだろう。」と考えている人が大多数に思われてなりません。

あくまで理想ですが、 『仕事とは相手に喜ばれるために仕事をすること』だと思います。その結果が、報酬として給料に反映されることだと思います。

国会議員の皆様は、私達国民が安全・安心な生活を将来にわたって継続できることを実現することが仕事だと思います。それが、「自分の選挙」しか考えていないように思えてなりません。これは、与党だけではなく野党を含めた全ての国会議員の仕事ではないですか。

つまり、国会議員の皆様の仕事は私達国民がよりよい生活ができるようにすることが第一でしょう。それが、未だに自分の立場(国会議員という立場)だけを守るために、

  • 勝手に首相を辞めたり
  • 離党したり
  • また元の党に戻ったり
  • 各大臣の周りや自分の立場を考えない、軽すぎる発言

あまりにも自分勝手すぎます。

現在の日本は、議院内閣制です。すなわち、日本の首相を私達は直接選ぶことは出来ません。これほど、首相が1年未満で変わるということは議院内閣制という制度が危機に瀕しているかもしれません。現在の日本、或いは世界の流れに合っていないと思います。

今日も、私見で誠に申し訳ございません。

« こんな本を読みました | トップページ | ネコを発見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/42399179

この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相、辞任で思うこと:

« こんな本を読みました | トップページ | ネコを発見 »