私が勤めている会社のHP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 11月1日での中日落合監督の采配 | トップページ | 第40回東京モーターショー »

2007年11月 5日 (月)

民主党小沢代表の辞任表明について

今日も、私見を書かせて頂きます。

昨日の夕方(11月4日)、民主党の小沢一郎氏が民主党の代表を辞任すると表明しました。私が最初に思ったことは、安倍前首相が辞任表明をした時と同じように、「なぜ、今?」・「責任放棄」と感じました。

7月29日の参議院選挙で民主党が第一党となりました。二大政党制、また政権交代への第一歩となったと思います。しかし、衆議院選挙では7月29日のように民主党が勝利するのは難しいかもしれません。衆議院選挙は政権選択選挙と言われています。参議院選挙よりは重要です。

近いうちに、衆議院選挙は行なわれると思いますが、現状のねじれ状態のままで衆議院選挙に突入しても、7月29日のように民主党に追い風は吹かないかもしれません。

また、民主党に政権、つまり日本の行く末を任せることに対しては未知数です。しかし、まだ民主党は与党になったことはありませんので、未知数は当たり前です。

小沢代表が仰っていた、「マニフェストの実績」を積み重ねるためには、”大連立”が良かったのでしょうか? 今の公明党のように、自民党に飲み込まれる気がします。

”大連立”の前に、さまざまな法案を各委員会で真剣に議論・討論することが先だったのかなと思います。そこでも実績は積み重ねられたと思います。

私は、政治は素人です。けれども、興味はあります。

ただ、今回の福田首相と小沢代表の会談は自分たちだけ(国会議員)の利益のために動いている気がしてなりません。果たして、私たちの国民生活を思っての行動だとは到底思えません。

確かに、衆参では与野党が逆転している”ねじれ”状態です。しかし、国会議員一人一人が私たちの国民生活のことを真剣に考えているならば、それぞれの党の考え、法案をぶつけ合って、よりいい法案として成立させるのが、国会議員の責務ではないでしょうか?

これからの政治、日本はどうなるか不安です。

最後に、「もういい加減に、私たち国民のために真剣に考えて、行動してくれ」と言いたい。

« 11月1日での中日落合監督の采配 | トップページ | 第40回東京モーターショー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

きくしんさん、こんばんわ。
秋らしいテンプレートでいい感じですね。

小沢代表の辞意表明については同感です。
国会議員はなにしてんだろうね?
自分達の事ばかりだよね。

cocoのカタログ様、有難うございます。
このテンプレート、気に入ってます!

ところで、このコメントを書いているのは夜の10時を過ぎていますが、もしかしたら小沢代表は辞任を撤回するかも?

本当に、国会議員は何しているのでしょうねぇ。暇なんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/16983822

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党小沢代表の辞任表明について:

« 11月1日での中日落合監督の采配 | トップページ | 第40回東京モーターショー »