私が勤めている会社のHP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 裏番長に変身 | トップページ | 第21回参院選が公示 »

2007年7月11日 (水)

赤城農相の記者会見

昨日(10日)、事務所費問題で改めて赤城農相が記者会見をしましたが、決して納得できません。

「政治資金規正法にのっとって処理しています」と言っていましたが、この法律がしっかりしていれば疑惑は起きないでしょう。つまり、政治資金規正法はまったくのザル法という事だと思います。赤城農相の前任の松岡氏も同じような問題により、結果的には最悪の事態になってしまいました。

この時こそ、安倍首相が「少なくても閣僚全員は、全て領収書を提示します」と宣言すれば、内閣支持率も上昇するかもしれません。でも、宣言できないでしょう。国会議員のほとんどの人が領収書を提示できないと思います。国会議員の皆様、多かれ少なかれ不正をしていると、私自身は思っています。

しかし、わざわざ宣言する必要があるのでしょうか? そもそも『政治資金規正法』に全ての領収書の添付(5万円以上ではなく、1円から)の義務等、政治資金に疑惑が起きないような形で、なおかつ全て公開できる法律に再び改正すればいいと思います。けれども、そのような法律に改正は出来ないでしょう。

自分で自分の行動を制限してしまう法律を、自ら立案する訳がない!

« 裏番長に変身 | トップページ | 第21回参院選が公示 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

議員さんの常識の物差しは平凡な方とは大きく違うようなんで、なに言っても無駄のような気がすんですが?

選挙で・・・・・。
出る候補者が同じなら全く変りっこない。
政治を全く信用してない”さんま”です。

立候補するときは、「今の制度を、自分の力で改革するぞ!」と出馬するのでしょう。
しかし、いざ当選してしまうと、たった一人ではどうにもならない。また、反発すると総スカンを食らう。

まだ書き足りないので、今日記事にして投稿します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/15722443

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城農相の記者会見:

« 裏番長に変身 | トップページ | 第21回参院選が公示 »