私が勤めている会社のHP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ガラスが割られた!! | トップページ | 今年の思い出、そして来年は? »

2005年12月25日 (日)

シリーズ南武線 最終回

最終回として、南武線の現在のデータと未来について書きます。

  • 川崎駅-立川駅間 35.5km 本線 25駅(起終点駅を含む)
  • 尻手駅-浜川崎駅間 4.1km 支線 4駅(起終点駅を含む)

川﨑方面行きを上り列車として、6両編成で全てステンレス車輌であり、各駅停車で運転されています。

朝の8時台(武蔵中原駅以降の上り列車を基準)は、2~3分間隔で駅に到着してます。平日の日中は、12分間隔で憶えやすいと思います。

駅間の距離は平均1.47km。尻手駅-矢向駅、向河原駅-武蔵小杉駅、府中本町駅-分倍河原駅の以上3駅間は、0.9kmで一番短い駅間距離です。一番長い駅間距離は、分倍河原駅-谷保駅間の2.8kmですが、途中に新駅(仮称、西府駅)が2008年度中に開業予定です。

支線は、2両編成のワンマン運転です。日中は1時間に1、2本です。

JR東日本発表の2004年度の1日の各駅乗車人員によりますと、川崎駅が160,227人。立川駅が147,809人。両駅とも東海道線や中央線などの乗換駅ですので、乗換駅を除いた乗車人員で比べると下記のようになります。

  1. 武蔵中原駅 29,916人
  2. 武蔵新城駅 27,836人
  3. 鹿島田駅   15,942人
  4. 平間駅    13,748人
  5. 中野島駅   13,488人
  6. 矢向駅    13,257人
  7. 久地駅    12,254人
  8. 尻手駅    10,733人
  9. 向河原駅   10,513人

平成22(2010)年度の完成予定で、稲田堤駅-府中本町駅間の高架工事が行われています。また、平成21(2009)年度には横須賀線に武蔵小杉駅が開業予定で、南武線の武蔵小杉駅と連絡通路で結ばれる予定です。

以上、4回にわたり南武線の今昔物語風に大まかに書いてきました。有難うございました。

« ガラスが割られた!! | トップページ | 今年の思い出、そして来年は? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

イヴの夜はお一人だったのですか?
私達にオープンされて無い彼女とお二人で楽しんだのでは有りませんか!?
私も今では小杉駅前できくしん殿に見られる
ような事が無くなりました。
今では懐かしい思い出になってしまいました。タイムマシーンがあるならあの頃にタイムスリップして見たいものです。
きくしん殿もお正月を控え風邪など引かない
様にご注意下さいね。御社のI氏にも宜しく
では又で~す。

マーク15様、イブは家族だけでした。昨日(25日)は、ある場所で楽しみました(内容はヒミツ)。

私は、いつも武蔵小杉ではマーク15様を探していますよ。いつ、会えるのかなぁと思っております。
マーク15様も風邪をひかないよう、ご自愛下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/7766578

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ南武線 最終回:

« ガラスが割られた!! | トップページ | 今年の思い出、そして来年は? »