私が勤めている会社のHP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シリーズ南武線 第二回 | トップページ | ガラスが割られた!! »

2005年12月24日 (土)

シリーズ南武線 第三回

前回、”快速”電車の運行開始と廃止について書きましたが、運行開始と廃止についてはもう一つ理由があるそうです。

快速電車が走る前(昭和44年)は、電車の車体が茶色一色に塗られた電車が走っていました。通称「チョコ電車」や「かりんと電車」と呼ばれていた車輌でした。それが、オレンジ色一色に塗られた電車を走らせるために、”快速”と特別扱いをしたそうです。しかし、その茶色一色に塗られた車輌は旧型車であり、老朽化も目立ってきましたので、オレンジ色やカナリヤ色に塗られた電車(中央線や総武線)への取り替えが完了したのが昭和53年でしたので、”快速”という特別扱いもすることもなくなり、また性能が新型車(当時)となり、全体でスピードアップしたので”快速”が廃止されました。

昭和47(1972)年5月25日に、矢向駅-川﨑河岸駅間が廃止されました。最初に開通した区間で当初の目的である多摩川の砂利輸送のための区間でした。

時が経ち、茶色の「チョコ電車」を南武線から追い出した車輌が今度は、平成元(1989)年から現在も走っているステンレスの車輌に徐々に替わることになり、平成16(2004)年に全てステンレスの車輌となりました。

なお、南武支線は貨物列車が主体の路線で旅客列車は2両編成で、昭和63(1988)年3月31日からは、当時としては首都圏で初めてのワンマン運転(運転手だけ)となりました。

次回は、”シリーズ南武線 最終回”

« シリーズ南武線 第二回 | トップページ | ガラスが割られた!! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

きくしん殿
お早う御座います。
今年も残り少なくなりました、
今年は我が業界にとって色々と有りましたが
来年は良い明るい年にして行きたいものですね。それから今夜は思いっきり楽しんで
下さいね。
それでは又です。

マーク15様、早くから有難うございます。
今日?、誰も一緒にいてくれないのでマーク15様、一緒に楽しみませんか?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124947/7765934

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ南武線 第三回:

« シリーズ南武線 第二回 | トップページ | ガラスが割られた!! »